なんとなく日常に溶け込んでいる愛敬たっぷりの生活雑貨たち。
ふとしたところに可愛さがにじみ出ていて、見れば見るほど虜になってしまいます。
雑貨が使われていた時代を簡単に想像できるから不思議・・・・